新着情報

news

【コラム】「ためた知識」を「使える知識へ」

2019.07.23
新着情報富山新庄
こんにちわ、富山県家庭教師協会富山東事務局、KATEKYO学院
富山新庄校の石黒です。
小学生・中学生の皆さんは、あと数日で夏休みに入る頃でしょうか。
高校生の皆さんは、7月一杯まで特別編成授業が続く学校も多いと
思います。
特に受験生の皆様にとって夏休みは非常に大切な時間になります。
よく「夏を制する者が受験を制する」とか「夏は受験の天王山」などに
比喩されるように、夏休みの頑張り次第で、ワンランク・ツーランク上の
志望校の合格を勝ち取ることが可能になることは、毎年受験生を見て、
体感しているところです。しかしながら、言葉では納得していても、実際に
行動に移すことは非常に難しいものです。普段と異なり、午前中から
自由に使える時間が増える反面、全ての行動が自己責任で何をする
にも強制力がなくなるのが夏休みです。中にはゲーム三昧や、昼過ぎまで
寝ていて夜型になり、生活のリズムが乱れるといった生徒もいます。仕事
をしている親の目が届かない日中の時間の使い方について、自己の
目的達成のためにどれだけ自制をして、目的意識を持って有効に使う
ことができるかで、その後の成果が大きく違ってきます。成績アップや
志望校合格は誰のせいでもなく、全て自己責任の上に成り立ちます。
そのことを肝に銘じて、夏休みを過ごしていただきたいと思います。

 

さて、長期休みに色々な教材を使って学習されるかと思います。
毎年生徒の様子を見ていると、学校から出た課題ワークが早々に終わり、
塾の夏期講習で塾教材に取り組み、家では本屋で夏休み用のワークを
購入し・・・といったことが多いような気がします。
確かに、色々な角度から情報を得て、知識を貯めるという勉強方法は
間違ってはいないと思います。しかし、夏休みが終わっていざ課題テストを
受けてみると、あんなに頑張ったのに点数が取れていないという声がよく
聞かれるのも事実です。

 

私なりにこの現象を分析してみると、どうも「ためた知識」を「使える知識」を
と変換できていないことが原因の一部であると考えます。
色々な教材で知識を得ることに重点を置くあまり、得た知識をかみ砕き、
理解し、応用するという所まで及んでいないがために、実際のテストで点数が
取れないという結果に繋がっているのだと思います。知識を貯めることも必要
ですが、その知識を理解に繋げ、どのような表現で問われてもその知識を使う
事ができるように演習量をこなすことが大切です。
よって、様々な教材に手を出すのもいいですが、あくまでも問題演習量を多く
する目的のためのみとし、基本教材を繰り返し行って、理解に努める夏休みが
最も有効であると思います。

 

 

富山県家庭教師協会(家庭教師部門)、KATEKYO学院(塾部門)では、
夏休みはもちろん普段から特別な教材を指定して購入いただいておりません。
つまり、学校教材や自宅でご用意された教材を有効に活用し、繰り返し
行うことで理解に繋げる指導を行っています。
夏休みは「ためた知識」を「使える知識」へ変換することを意識して、学習量が
そのまま点数UPに繋がることを実感することが非常に大切だと思います。
是非皆さんも、この夏休みはKATEKYOの自習室等を有効に使い、
やった分だけ成果が表れるやり方を実践していただきたいと思っています。
家庭教師部門 富山県家庭教師協会 富山東事務局
塾部門 KATEKYO学院 富山新庄校
076-451-7733
事務局責任者 石黒 史隆

 

 

 

 



TOP