新着情報

news

【豊田校コラム】Withコロナで私たちができること

2020.07.22
富山北事務局富山豊田
こんにちは。富山県家庭教師協会富山東事務局、富山北事務局、KATEKYO学院富山新庄校、富山豊田校の石黒です。例年ですと24日ごろに梅雨明け宣言が発表されるのですが、今年は梅雨前線が停滞する見込みで、もう少し後になりそうです。太平洋高気圧がもう少し張り出してこないと、梅雨前線を押し上げられずに停滞するようですね。世界的に気候が変わりつつあることを実感できる現象だと思います。

 

さて、新型コロナウイルスの第2波が心配されます。連日東京都で陽性人数の最高記録を更新したり、日本全国が増加傾向にあるニュースを見ると、春の「空白の3か月」を思い出してしまいます。3月から約3か月間休校になり、生徒は自宅で自習せざるを得ない状況になりました。コロナ第1波が収まって家庭教師や個別指導を再開して約2か月。予想よりもはるかに「差」ができていることに驚きました。学校によっては1学期に習うはずの部分を予習として自習課題を出しているようで、教科書や参考書で調べながら授業を受けていない分野の課題をこなした方も多かったと聞いています。普通に授業があっても理解できるお子さんと、理解に時間がかかるお子さんではどんどん「差」が生まれるのに、休校により授業がなく、誰からも監視されなずに3か月を過ごしたため、毎日学校に行っているかのように学習を積み上げたお子さんと、課題だけでゲームに夢中になってしまったお子さんでは、普段よりも顕著に「差」が出てきています。また、全学年の復習も不十分なまま休校になった影響も非常に大きく出ています。この差は、本来夏休みという約6週間の長期休みで埋めることができるのですが、今年は約2週間弱しかないため、満足に弱点を補強することも難しいと言えます。では、我々プロ家庭教師(プロ教師)は何をすべきか・・・実力定着への動きはもちろん、日常にいつもより少し多めに家庭学習を取り入れて、前学年の復習や理解が不十分な個所の演習量を少量ずつ積み上げるという動きをするよう指示を出しています。現状では、日ごろどんどん授業が進む中で、その授業の理解を求めていくことすら苦しいのですが、それに加え復習のための時間を取っていくことは生徒の負担は非常に大きくなっています。こういう時だからこそ、プロの経験とテクニックで時間の効率化を図り、負担が少しでも軽くなるよう工夫しています。ここで、第2波が来たらと思うと、本当に恐ろしい状況を想像してしまいます。

 

最近ニュースでも「Withコロナ」というキャッチフレーズを見かけます。コロナと共存していくという意味合いですが、ウイルスは目に見えないものであり、人が移動する以上どこでコロナに感染するかわかりません。共存していくとは、コロナに感染しないよう細心の注意を払い、新たな生活スタイルを確立していこうという取り組みです。「教育」をキーワードとして考えた場合、我々はどのようにコロナと共存すればいいのでしょうか?個人的な本音を申し上げると、コロナによって学校が3か月休校になった現在の状態から、非常に難しい問いだと思います。そもそも、学校とは密にならざるを得ない環境ですので、クラスターの発生が容易に起きてしまいます。一人でも感染者が出ると、すぐさま休校措置が取られます。感染者が増加してくると、間違いなく休校になり、また授業がストップするでしょう。では、新しい生活スタイルの確立としてどうするか・・・「密にならない学習できる場所と方法を確保する」ことだと思います。我々塾業界また、家庭教師業界はできる限りの感染対策を実施しています。集団塾は正直難しいでしょう。私たち完全個別は1対1の完全マンツーマン指導です。集団指導よりも安全とはいえ、色々なお子さんと接触する機会が多い危険な仕事と言えます。だからこそ、教師の安全管理は徹底していますし、遮蔽設備、喚起の徹底なども行っています。また当校はWeb指導というプロクオリティの指導をWebで受講できるサービスも持っていますので、「お子さん任せの自学自習にさせない」というメリットを生かすことができます。もちろん、まだ第2波が来ていない今だからこそ、KATEKYOに相談をして、プロ教師の力で後れを取り戻しているご家庭がたくさんあります。プロしか扱っていない会社のため、教師の指導時間数には限りがありますが、まだあと少し空きがある状況です。お問い合わせ・ご相談はお早めにお願いします。

 

弊社にはフリーダイヤル0120-00-1111もありますが、直接お電話頂いたほうがスムーズに繋がります。
076-451-7733教務責任者 石黒まで。

 

【家庭教師部門】 富山県家庭教師協会 富山東事務局
                  富山北事務局
【完全個別塾部門】KATEKYO学院 富山新庄校
                  富山豊田校
教務部 石黒 史隆
kg165@katekyog9.com メールでも受け付けております。


TOP