新着情報

news

【新庄校コラム】1.01の法則

2020.11.18
富山新庄富山東事務局
こんにちは。KATEKYOの石黒です。コロナウイルスの第三波が来ております。当校はマスク着用や換気・消毒は当たり前に実施しておりますが、一人一人が高い意識をもって日常生活を送ることも含め指導に組み込んでいます。過剰な恐れから、ストレスをためることのないよう、できる限り正確な情報や知識をもって、正しく恐れていきたいと思います。

 

さて、本日は「1.01の法則」のお話です。非常に有名な話であり、確か楽天の三木谷社長が提唱された言葉だったかと思います。努力する度合いのお話ですが、簡単に説明します。

 

普通の努力を1とします。1に365乗すると、答えは1です。つまり、普通の努力を1年間続けても1ということになります。では、0.01(ほんの少し)通常よりも努力度合いを高めてみましょう。1.01の365乗は37.8になります。ほんの少しの努力を継続することで、本来1だった結果が、37.8まで上げることができるのです。一方、0.01(ほんの少し)通常よりも努力度合いを低くしてみたらどうでしょう?ちょっとだけさぼるということですね。0.99の365乗は0.03となります。さぼり度合いが非常に少なくとも、毎日となると結果として通常1だった結果が0.03まで下がってしまいます。もう一回まとめます。

 

1の365乗=1
1.01の365乗=37.8
0.99の365乗=0.33

 

並べてみると、よくわかりますね。最初はほんの少しの差でしかありません。しかし、継続することで通常よりもだいぶ差が生まれます。毎日少しの努力の上乗せが、結果として非常に大きな差を生み出すということがよくわかります。

 

この話は、単純な数字の話であり、ネットには否定的に評価するコメントも多くみられます。しかし、私は非常に大切なことだと思っています。勉強に限らず、毎日の生活の中でとても小さな小さな「プラスの努力」を「継続」することで、最初は小さいがだんだん成果が大きくなっていきます。かたや、自身の甘えでほんの少しのサボりが、結果として大きなマイナスとして出てきます。2年、3年以上になってくると、それはそれは大きな差が出来上がります。「塵も積もれば山となる」という言葉が頭に思い浮かびます。差は、まさに今この瞬間にも生まれています。今日からプラスαの努力を始めてみませんか?

 

【家庭教師部門】 富山県家庭教師協会 富山東事務局
                  富山北事務局
【完全個別塾部門】KATEKYO学院 富山新庄校
                  富山豊田校
教務部 石黒 史隆
教室直通フリーダイヤルができました!!
0120-29-7799


TOP