新着情報

news

【新庄校コラム】時間は作り出すもの

2020.12.14
富山新庄富山東事務局
こんにちは。KATEKYOの石黒です。大学推薦入試の合格報告が多く届きました。合格された皆さん、おめでとうございます。しかし、あまり気を緩め過ぎることなく、高校生活の最後まで貪欲に学びに徹してくださいね。

 

さて、最近の進路相談でよく耳にする言葉があります。それは「時間を確保できない」というものです。ある生徒は、普段朝早くから学校に登校し、授業を受け、部活動をして家に帰るのは18時~19時。そこから、夕飯・風呂・雑用等色々とすべきことがあり、いつの間にか眠くなって寝てしまうため、なかなか勉強時間を確保することができないという悩みでした。またある生徒は、学校からの課題が多すぎて、翌日の予習もあり、プラスアルファの勉強をする時間が確保できないという悩みでした。確かに学生は思う以上に忙しく、日々のやるべきことが沢山あります。優先順位をつけるとか、取捨選択するとか言われても、現実はなかなか難しく、気が付けば時間だけが過ぎていく感覚を持たれている方も多いと思います。学校からの課題に取り組み、予習をするだけで夜12時を超えてしまうこともあるでしょう。

 

学校生活に慣れてくると、おおよそ平日の時間の使い方がパターン化されます。何時に起きて、何時に家を出て、この曜日は帰ってくるのは何時で、夕飯がおおよそ何時だからその前に宿題をして・・・特別なイベントごとがない限り、大体の1日の行動は固定されてきます。そこで一度、1日と1週間のおおよその行動パターンを書き出してみましょう。書き出してみるとわかるのですが、意外と学校以外で勉強に使っている時間って、少なくないですか?そして、意外と自由に使っている時間が多くないですか?まずはそこから見直すことになります。18時に帰ってくるとして、12時に寝るまでの6時間。見直すことができる時間はありませんか?学校で勉強してきて疲れたからと言って、自己の娯楽に使っている時間が長すぎませんか?まずは効率的に時間を使うことができるよう意識してみてください。もちろん、帰ってきてから寝るまでずっと勉強することは逆に効率的ではなくなりますし、逆効果の場合があります。心と体を休める時間も大切ですので、優先順位とバランスを考えてみてください。

 

書き出した結果、意外とバランスよく勉強時間を確保できてはいるが、課題等のすべきことが多すぎて、これ以上プラスαの時間をとれないという人もいるでしょう。そういった場合は以下の2点について考えてみましょう。

 

①隙間時間の活用法
②日々のルーティンの中を見直し、時間を作る

 

です。①について、勉強は時間単位でするのではなく、分単位・秒単位でもすることが可能です。むしろ大切なのは、まとまった時間単位ですべき学習内容と、分・秒単位でもできる学習内容を明確に分け、一日の行動パターンに落とし込んでいく事が大切です。分・秒単位の学習方法として、朝5分のトイレの中や、通学時間20分の中、授業の休み時間10分の内の5分、下校時間の20分の中等に何ができるかを考えてみましょう。単語一つでもしっかりと覚えることができれば、その繰り返しで学習量は確実にUPしていますし、意外と隙間時間は頭に残る学習が可能になります。
②について、例えば自分の朝の行動を思い返してください。家を7時30分に出るとして、7時10分くらいに起きてきて、慌てて用意をしていませんか?明日から、6時30分に起きる努力をしてみましょう。準備を始める7時10分までの40分間、時間を作ることができます。また、夜23時に就寝しているとしましょう。就寝時間を23時10分にし、その10分間で英単語3つを覚えてみましょう。土日を抜かして、5日間で15個の単語を覚えることができます。土日でその15個を復習してて記憶に定着させましょう。このように、自分の日常を見直し、少し変化を与えることで、時間を作り出すことができます。

 

私は11月から何か新しいことを始めようと思い、ある資格試験を受けることにしました。しかし、はじめて早々、日中仕事をしていると、なかなか勉強時間が捻出できないという悩みにぶつかりました。そこで、自身の一日の動きを書き出し、時間の整理をすることから始めました。日中は業務時間であるため、業務時間外をいかに上手に使うかを考えました。しかしそれでも全く時間が足りません。そうなると、朝か夜から時間を捻出するしかありません。しばらく、毎朝通常よりも1時間早く起きてみました。しかし、数日間しか続かず、色々と悩みました。そこで好きなウォーキングを利用することにしました。今までは土日の時間のある時にウォーキングを行っていたのですが、毎朝6時に起き、晴れたら歩く、雨なら勉強すると決め、1カ月間継続してみました。驚くことに、先月11月はウォーキング13回、朝勉強17回(2時間)という成果を得ることができました。好きなこととすべきことを組み合わせると、継続しやすいということがわかりました。時間は作るものであると実感している今日この頃です。皆さんも是非参考にしてみてください。

 

【家庭教師部門】 富山県家庭教師協会 富山東事務局
                   富山北事務局
【完全個別塾部門】KATEKYO学院 富山新庄校
                   富山豊田校
教務部 石黒 史隆
教室直通フリーダイヤルができました!!
0120-29-7799


TOP